えびとキャベツのアイディアリゾット

最終更新: 2018年7月17日

本来ならばお米を炒めてからスープで炊くリゾットの食感を、かために炊いておいたごはんを使って実現したアイディアレシピです。そのごはんを冷凍でストックしておけば、いつでもアルデンテのリゾットが食べられるというわけ。お酒の仕上げや夜食にもどうぞ!

材料(2〜3人分)

米 2合

水 1合半

塩 小さじ1/2

オリーブオイル 適量

バター 10g

玉ねぎ 1/2個

白ワイン 100ml

むきえび 8~12尾

キャベツ 3~4枚

片栗粉 小さじ1

塩、こしょう 適量

パルミジャーノチーズ 好みで


作り方

1 米は表面をさっと軽くゆすぎ、分量の水を入れて塩を加え、オリーブオイル小さじ1と分量のバターを入れて炊飯しておく。

2 玉ねぎはみじん切りにする。鍋にバターを入れて中火にかけ、玉ねぎを入れてしんなりするまで色をつけないように炒める。

3 えびと白ワインを加え、蓋をして加熱する。火が通ったら水を足して煮汁を500mlに調節し、塩で薄く味をつけ、ひと口大にちぎったキャベツを加えてさっと煮る。

4 3に炊き上がった1を入れてさっと混ぜ合わせ、同量の水で溶いた片栗粉を加えて混ぜ、とろみをつける。塩、こしょうで味をととのえて器に盛り、好みでパルミジャーノチーズをかける。


●かために炊いたごはんと、具材を似たスープを別々に作って最後に合わせる、ちょっと変わった作り方のリゾット風ごはん。スープにごはんを入れたらすぐに水溶き片栗粉を加えることで、ごはんにそれ以上水分が入ってくたくたになってしまうのを防ぎ、リゾットに近い食感が味わえるというわけです。

●えびとキャベツの他に、試していただきたい組み合わせは以下の通り。いろいろ試してお気に入りを見つけてください。帆立貝柱と三つ葉/あさりとブロッコリー(あさりは口が開いたら、殻からはずしたほうが食べやすいです)/えびとアスパラガス/牡蠣とクレソン/白身魚とねぎ/ベーコンや鶏もも肉と上記の野菜など

SUBSCRIBE VIA EMAIL

© 2020 Junko Ueda & Delicious Dining Club All Rights Reserved.